資格取得と大学受験の関係

資格取得と大学受験の関係

一定の資格取得を行うことで大学受験が有利になることがあり一定の関係があるケースも多いです。たとえば経済学部や商学部を有する大学では簿記検定を有することで、受験に一定の加点を行うなど有利になることがあります。また難易度が高めの資格の場合はそれだけで合格を出すこともありましたが、現在ではそれでも一定の試験を課す場合が増えています。それでも何も持たない人よりは大学受験が有利になることがあるため疎かに出来ません。

受験生の強い見方!塾といえば武田塾

浪人は資格取得をするべき?

浪人は資格取得をするべき?

現役の時に大学受験に失敗し、浪人生活に入るとこれまでと同じ時間だけ受験勉強をしたとしても学校に通う必要が無いため時間に余裕が出来ます。そのため浪人になったとたんい資格取得を目指す人がいますが、それは得策ではありません。なぜなら、資格取得は大学に入学してからの方がはかどるからです。浪人中は大学受験に専念して志望大学に入り、そして大学生になってから自分が取得したいと考えている資格の勉強を始めるべきなのです。

高校生でも取れる資格は?

高校生でも取れる資格は?

高校生になり初めて資格取得にチャレンジしようと考えている人や受験や就職への備えとして時間のある高校生のうちに取っておきたいと考えている人もいると思います。数ある資格の中で1番おすすめなのは「漢字能力検定(通称:漢検)」です。この資格は「10級(小学1年生レベル)~1級(一般レベル)」と範囲が幅広く飛び級も可能な為、自分に合う級からチャレンジすることが出来ます。また、筆記試験のみで料金も安い為気軽に取りやすいのも特徴です。

浪人でも取れる資格は?

浪人でも取れる資格は?

浪人生でも取れる資格はいくつもあります。浪人生のポテンシャルにもよりますが、比較的簡単に取れるもので最もおすすめなのがパソコン系の資格です。もちろん、学業が優先ですので、そこまで難しいものを取ろうとする必要はありません。しかし、パソコン系の資格は浪人中のみならず、無事、大学等に入学した際にも、生きていくうえで非常に必要になるものです。将来的にも必要なものといえば、モチベーションが上がることも請け合いです。是非、おすすめです。

資格取得に強い予備校とは?

資格取得に強い予備校とは?

資格取得に強い予備校とは講師を見れば判断できます。講師の経歴、人柄、言葉遣いなど見るべきポイントはたくさんあります。まず、講師の経歴が優れているかどうかは必要不可欠な情報です。その資格に精通している人物であるかどうかはここを見れば一目で判断できるでしょう。次に、人柄や言葉遣いです。これは自分が予備校に通う上で重要になってくるでしょう。いくらやり手の講師であっても人柄が自分に合っていなかったり、言葉遣いが荒々しくては通うのが嫌になります。こういったところも見るべきポイントになるでしょう。