高校生でも取れる調剤薬局事務という資格は?

高校生でも取れる調剤薬局事務という資格は?

調剤薬局事務の資格は、実際に処方箋を取り扱って事務的に取り纏める能力を測る為のもので、マークシート式の学科に実技としてのレセプト作成・点検が試験に盛り込まれているのが特徴です。

受験資格が特に設けられていない事から、現役高校生でも受験は可能です。

実際に業務に就く上での必須資格では無い上に、異業種の分野では基本的に評価を得られるようなものでも無い為、高校生が受験する場合においては将来の就職に必ずしも大きな武器となるものではありません。

ですがこの資格の利点は在宅で受験出来るという点と、もともと資料を纏める作業を扱う事からテキストを見ながらの受験が可能という点です。

こうした利点から高校生でも充分に取得が可能ですし、資料を纏める力を身に付ける事は学業においてノートを纏めたりする技術として応用が効きます。

先々を見据えて資格試験に慣れるという意味でも、ピッタリの内容と言えます。

高校生でも取れる気象予報士という資格は?

高校生でも取れる気象予報士という資格は?

気象予報士という資格はその名の通り、データをもとに天候を予測する仕事の資格です。

気象庁から提供される観測データや気象レーダー、アメダスなどの情報を分析して今後の天気、気温、降水確率などを予想していくのです。

単純にデータだけで判断するのではなく、予測する地域の地形や特性を踏まえて天気を予測する必要もあります。

天気は日常生活はもちろん、災害に対する事前の準備や、商品の仕入れ、入場者数の予測など様々な場面で重要な役割を果たしています。

そんな気象予報士の資格試験は合格率が非常に低いことでも有名ですが、実は高校生でも合格者がいます。高校生だけではなく小学生もいるそうで本人の努力次第とも言えるかもしれません。

高校生でも取れる行政書士という資格は?

高校生でも取れる行政書士という資格は?

行政書士は国家資格であり、その業務としては、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する申請書類の作成や、提出手続きの代理、遺言書等の権利義務・事実証明および契約書の作成、行政不服申し立て手続き代理等を行うことなどがあります。

平成29年度行政書士試験において最年少合格者は「14歳の中学生」でした。高校生どころか、中学生でも合格可能な試験のようです。

行政書士試験に受験資格はありません。そのため「年齢、学歴、職歴、国籍」に関係なく誰であっても受験することができます。

ただし合格し資格を取得した場合でも一定の条件に該当する場合、行政書士の仕事につくことはできません。その一定の条件の中には「未成年であること」も含まれているため、高校生で合格した場合でも行政書士の仕事を行うことはできません。