資格を取っておくと大学受験は有利になる?

資格を取っておくと大学受験は有利になる?

大学受験に際して、具体的に有資格者を優遇している大学もあります。

主な資格は英検2級、漢検2級、日商簿記などを評価している大学が多いようです。

ただ、資格者免除や優遇の大学が進学したい先であるなら、大変有利でしょうが、まだまだ取り入れている大学は一部です。直線的に有利というのは限られたケースと考えて置きましょう。

 かといって、全く無関係とも言い切れません。高校在学中の資格取得は、推薦入試やAO入試の際のアピールポイントになり得ますし、何よりも関連する科目の基礎力強化に繋がります。

興味のある分野なら積極的に資格取得を目指してみると良いでしょう。目標がクリアになり、より効率的な勉強にもつながるので、結果的に大学験にも有利と言えます。

専門的な資格を取っておくとAO入試に強くなる?

専門的な資格を取っておくとAO入試に強くなる?

AO入試は、面接や小論文、志望動機や学部に対する適正、入学後の意欲等の総合的な人物評価によって選抜する入試方法です。

選抜方法は学校によって異なりますが、志望理由を裏付けるためにも専門的な資格があると有利になる場合があります。

学部等によって有利になるとされる資格は異なりますが、一般的に下記の資格が人気です。

1.TOEIC

英語によるコミュニケーション能力をアピールするのに有効です。

2.TOEFL

英語によるコミュニケーション能力をアピールするのに有効なだけでなく、海外では多くの教育機関で採用されているので、必須の場合があります。

3.簿記検定

商学部や経営学部等で数字に強いことをアピールするのに有効です。

資格取得をあまり重視しない大学入試もある?

資格取得をあまり重視しない大学入試もある?

近年では多様な人材確保の必要性から入試制度についても多様化・複雑化が進んでおり、大学によって様々なものが見受けられます。

どのような入試制度にするかについては各大学の自主性に任されているので、柔軟に制度を変更する大学もあります。

しかし、大学入試において資格取得者に対してなんらかの優遇措置を採っている大学がある一方、いかなる資格を取ろうが何らの優遇措置を採らない大学もあります。

難関の国立大学や昔からの伝統校で難関と言われる私立大学は入試一発勝負の結果のみをみるというところが少なくありません。

自分の志望する大学がどのような入試制度を採用しているか、事前に資格取得が有利になるかどうか確認しておきましょう。